勤怠管理は職場に合ったタイムレコーダーで

タイムレコーダーには、昔ながらのスタンプカード式のものから、オンラインで管理ができるものまで様々です。

勤怠管理には欠かせないタイムレコーダーですが、値段や機能、職場の規模を考えて最適なものを使いましょう。

社員数が多い大企業であれば、クラウドシステムが向いていますし、少人数であれば、タイムカード式のもので十分に使えます。

タイムレコーダーの勤怠管理情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

コスト面で考えると、オンライン上で情報管理が可能なクラウドが安価です。


タイムカード式はタイムカードだけではなく、インクリボンも必要になります。タイムカードの保存にも場所を取りますが、反対にデータが消えても紙で残っているので万が一の時にも安心です。

Yahoo!ニュース情報をまとめてチェックしよう。

このようにタイムレコーダーにもメリットとデメリットがありますので、導入の際にはよく把握してからにしましょう。

タイムレコーダーには機種によって色々な特徴があります。

電波時計付きで時刻合わせが不要なもの、バックライト搭載で夜間でも使いやすいもの、打刻データをエクセルに出力できるもの、正社員とアルバイトやパートと分けて打刻できるものと様々です。
従業員が100人でも対応できるタイムレコーダーもあり、規模が大きな企業でも問題なく使えます。


気になる導入コストですが、機能がシンプルであればあるほど安くなります。


記録方式によって大分費用も変わりますので、どの方式が最適かをよく考えてから導入してください。



記録方式はタイムカード、ICカード、生体認証などがあります。