サロンによって違う脱毛機

脱毛したいと思った時に、脱毛サロンを選びますが、選び方の一つとして基準となるのが脱毛機です。


基本的な脱毛機の仕組みとしては、特殊な光を使って気になる部分に光を照射することで、光を毛のメラニン色素に反応させて、熱エネルギーに変換して毛根などにダメージを与えるという仕組みになっています。

しかし、脱毛機はサロンによって異なり、痛みなどが変わってきます。

エピレやジェイエステティックなどは独自で開発した機器を使っています。



特にジェイエステティックの機器は特徴的で、光をあてるときに痛みを軽減するためのジェルを塗らずに、痛みを感じづらく快適に脱毛することができます。



エピレの場合には、肌に優しい機器を使っているため7歳から行えるキッズ脱毛プランがあります。

脱毛ラボやミュゼプラチナムなどの多くのサロンでは、外国産の脱毛機を日本人の肌に合うように改良して使っています。



レーザー機器を基本として作っている会社のものを使用しており、人によって痛みは多少感じることもありますが、大手の会社で作られる機器への信頼感があります。


シースリーは日本人の肌に合わせた国産の機器を使っています。

日本人の肌に合わせて開発したもので、他の機器よりもある程度の出力があるという特徴があります。出力が強い分だけ多少痛みはありますが効果が高いとされています。

サロンによって様々な機器が使われています。

どのサロンでも安全性は徹底していますが、どんな機器を使っているのかもチェックしてからサロンを選ぶことがオススメです。